2006年06月11日

三国志大戦(1)カードの話(他編)

ということでこのシリーズラストを飾るのは「他」です(^^)

このコーナー名ではあくまで「感想」や「思い出」を語るので
ハゴタン主観となっています
よって皆様の知識の足しにはならないと思いますが
自分の感想や思い出と重ねてみてくだされば
それなりに面白いのではないかと思います

さて、最後は「他」
多分勢力的にはハゴタンが一番使った勢力です
もともと最初に「有名なデッキ」として使ったデッキも
「公謹党デッキ」(SR周瑜と黄巾党のデッキ)でしたし(^^)
そんなわけで思い入れも深い気がします


・于吉
やられた覚えしかないかも(苦笑
R司馬懿との組み合わせは鬼かと思います

・ケイ道栄
好き好き歩兵2号
お世話になりましたよ
こいつで落城したときの台詞も素敵です(w
排出終了なのが残念です

・司馬徽
いわゆる先生
呂布と組ませて遊んでました
柵持ちだし、用が無いときも攻城役、伏兵堀役と使えて便利な方でした

・周倉
いかだに乗ってないほうです(w
スペック的に申し分なく、酷使しまくりました(w
ただ、ハゴタンがうまく使いきれなかった気もします
ごめんね周倉

・張任
ハイコストパフォーマンスな方
伏兵時は張梁のお供に、出現後はマウントにと大活躍(^^)
今後も他を使うときは選択肢に入ると思われる
お気に入りのカードの一枚です

・張梁
好き好き歩兵1号
われらがゴリラ!そしてハゴタン軍の特攻隊長!
試験的なデッキをのぞけば最初から最後まで
デッキに入っていたのはこいつだけです
ゆえに一番痛んでいるカードだと思います
バナナの回復力が減っても十分強いです(^^)
張梁の動かし方だけなら上手いほうだと思います、きっと、多分(w
今後もお世話になる可能性大です(^^)

・劉表
師匠に薦められて使ってみたら気に入ったカードです
最終的には馬鹿連環のキーカードでしたが
その前でも相手の計略封じとして大活躍でした
馬鹿をうまくかけるとまさに「してやったり」なのが素敵です
柵もあるし、伏兵もほれる、
そして、弓ゆえに乱戦にならなければ十分サポート要員になれる、
と地味に強いカードだと思います
今後の選択肢に入る可能性は十分です

・呂布
暴力的なパワーが素敵なカード
しかし知力1ゆえにハゴタンには使い切れなかったカード・・・
2で機会があったら使ってみようと思ってます
呂布をうまく使える方(およびデッキ)を見ると
純粋に感心してます


ふぅ、できるだけサラリと書きましたが、
他の旧カードはよく使っていたのでちょい長めになりました
2もできれば「他」で組もうと思ってます

でわでわ
posted by ハゴタン at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

三国志大戦(1)カードの話(涼&袁編)

ということで今日は「涼」と「袁」の話です(^^)

あくまで「感想」や「思い出」なので
ハゴタン主観となっています
よって皆様の知識の足しにはならないと思いますが
自分の感想や思い出と重ねてみてくだされば
それなりに面白いのではないかと思います

そろそろ2も浸透してきた今、1の話ってのもなんですが・・・
まぁ思い出はいつまでも思い出ってことで(w

で、実は今回は涼と袁に加えて他も書く予定だったのですが
他のボリュームがそれなりになりそうな気もしたので
涼と袁だけにしました
でも正直涼と袁って(ハゴタン的には)影が薄いんですよねぇ(苦笑
追加軍勢であることと、枚数が少ないことが原因かと・・・

ではまずは「涼」こと西涼軍から

・厳氏
V1.1で初めて引いたカード(^^)
といっても一度使ったくらいですけど・・・
(というか西涼自体あまり使ってない・・・)
毒は結構面白かったのですが、
必要士気に見合ってない感が強かったです(苦笑

・高順
陥陣営が面白かったので、しばらく一人用で遊んでいたカードです
西涼全体がハゴタン的に魅力あれば
きっと高順はスタメンだった可能性が高いです

・蔡文姫
いぢめられた覚えしかありません(;_;)
さらにいえばハゴタンの所には来てくれませんでした
よって嫌い(w

・(涼)R馬超
V1.1レアで最初に引いたカード(のはず)
しかしハゴタンが騎兵が苦手なのであまりうまく使えなかった罠OTL

・R呂布
とっても楽しい計略「飛翔降臨」の呂布様
一人用で武力40超とか作って遊んでました
3人いる呂布の中で一番頭がいいのもポイントでした(w
(他勢の呂布の4倍!・・・といっても知力4です(w))
2では弓兵になったようでしょんぼり?


次いで、「袁」こと袁紹軍

・審配
流されましたよ、ええ(;_;)

・田豊
うざかったです(苦笑
号令系の癖にキャッシュバックがあるのがずるいです(w

・・・あれ?これだけだ(苦笑

でわでわ
posted by ハゴタン at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月31日

三国志大戦(1)カードの話(呉編)

ということで今日は「呉」の話です(^^)

あくまで「感想」や「思い出」なので
ハゴタン主観となっています
よって皆様の知識の足しにはならないと思いますが
自分の感想や思い出と重ねてみてくだされば
それなりに面白いのではないかと思います

さて、まずは「呉」全体の感想を・・・
呉は弓兵が弱かったV1.02の頃まで「弱い軍勢」と言われてました
その頃に呉でがんばろうと思った記憶があります(w
実際その頃はRはほとんどが呉でしたからねぇ
最初のSRも周瑜でしたし・・・
呉にはそれなりに縁があるようです(w
加えてハゴタンは結構弓兵が好きなので呉は結構好きでしたよ
V1.12でR周瑜大暴れまでは(w
以上、まとまりのない前文は終了です


・SR甘寧
呉と言えばこいつですよ(w
最強の攻城兵ですからねぇ
まさにキングオブ攻城兵!(謎
一度こいつに負けてから虜になりました
その後運良く入手してからは甘寧で勝つ方法を考え、
実践する日々が続いたものです
結局、自分の下手さと、周りのスキルアップによって
断念しましたが、今でも好きなカードなのは間違いありません
一撃必殺っぷりと台詞にしびれてあこがれます

・虞翻
呉の嫌い1号(w

・黄蓋
2では槍になってしまった攻城兵おじいちゃん
もちろん好きですよ(w
最初に入手した攻城兵ですしね
ただやっぱり甘寧と比べると見劣りします(少なくともハゴタン的には)

・周泰
呉だけで組むときには(誰もが)世話になったカードですね
イラスト的にも好きでした
ちなみに敵にいると一気に嫌いになります(w

・SR周瑜
前述のとおり、初めてひいたSR(^^)
なので思い入れもひとしお・・・なのですが・・・
ハゴタン的には使いづらかった思い出しかありません(苦笑
敵にいてもあまり恐怖を感じなかったし・・・
他の火計持ちと違って、燃やし方にセンスがいりますからねぇ

・R周瑜
呉の嫌い2号(w

・朱桓
呉の嫌い3号(w

・SR小喬
初期の頃、使用されて泣かされた記憶が(苦笑
自分で使ったときは肩透かしでした(更に苦笑
ちなみに絵はあまり好きではないです

・UC小喬 or UC大喬
実は流星大好き(w
計略ミスで勝てる試合を逃したのもいい思い出です・・・

・SR孫権
こいつは以外に思い出だらけです
1:甘寧を驚けでほぼ無効化されて血を吐かされた
2:自分で使ったら驚いて負けた(w
3:初SRダブリ(w
4:しかも一枚失くしたOTL
5:と思ったら数ヵ月後に帰ってきた(見つかった)
6:UCに計略取られて排出終了・・・(;_;)
・・・実はハゴタンはこのカード好きなのかも(w

・R孫堅
うざい

・R太史慈
一時期こいつばかりだった記憶があります
ハゴタンはあまりお世話になってません

・陳武
呉で一番ダブったカード(w

・陸遜
呉の火計持ちで唯一ハゴタンが嫌いでない武将(w
自分自身が浪漫を感じて使っていたことや
使い方に癖があるからでしょう
しかしやっぱり敵として出てきて、
こっちの武将が大量に燃やされるとむかつきますね(w

・呂範
呉の嫌い4号(w

・SR呂蒙
ハゴタンはあまり騎兵をつかわないので
こいつは天敵レベルに苦手です(苦笑
麻痺矢の恐怖を教えてくれたカードです(苦笑

・新R周瑜
・・・嫌い・・・ではない・・・というか見かけなかった(w

・R小喬
ハゴタンの所から高額で嫁に出されたカード(w
それ以外は・・・あ、SR孫策との組み合わせはマジでうざかったですね
(2でもうざい?)

・SR孫策
自分で使ってみたいカードです(持ってません)
敵としてはやられた思い出ばかりです(クスン

・SR孫策
見たこと無い(w
使ってみたいけど入手できないOTL


こんな感じです
SR甘寧大好き、弓も好き、でも火計は嫌い
ということです(w

でわでわ
posted by ハゴタン at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

三国志大戦(1)カードの話(魏編)

ということで久々の特設コーナー(w
予定では明日(5/24)2が稼動するので
今のカード性能では今日が最後となるかと思います
そんなわけでこの1年とちょっとの感謝(?)をこめて
いくつかのカードの感想や思い出を語ろうかと思います(w
あくまで「感想」や「思い出」なので
ハゴタン主観となっています
よって皆様の知識の足しにはならないと思いますが
自分の感想や思い出と重ねてみてくだされば
それなりに面白いのではないかと思います
ではまずは魏編からm(__)m

最初に補足:
ハゴタンのメインデッキに魏が入っていたことはほとんどありません(w
ですので使用した感想や思い出より、
相手に使われた感想や思い出がメインとなっています

・于禁
あまり見かけませんが、こいつを踏んだ時は非常にむかつきます
昔脳筋のようなデッキを使っていたときは本当に腹が立ったものです(w

・R郭嘉
V1.11まではよくいじめらました(苦笑
V1.12になって減ったので寂しいと言うかかわいそうな感じです

・R楽進
初めて引いたR(^^)
敵としてもむかつくような強さや能力ではなく
素直に素敵なカードだと思います
2で勇猛が消えても使えるカードだと思ってます

・UC夏侯惇
スタータに入っているくせに旧カードUCでは最後の入手となったカード
しかもトレードで(w

・R許チョ
嫌い

・UC許チョ
初UC(w
でも使わなかったなぁ・・・

・R司馬懿
基本的に頭が悪く、数の多いデッキを使ってるハゴタンはよく流されました(苦笑
自分で水計連破デッキ作ってみましたが
うまく動かせなかったのもいい思い出です(w

・R荀イク
大嫌い(w
その熱いまなざしで天下無双を、
白銀の獅子を、黄巾の群れを、連環の計を、
と止められました(T_T)
自分で使ってみると面白いんですけどね(苦笑

・SRシン皇后
はやっていた時期も、そうでない時期も、
なぜかあまり悲哀の舞デッキには当たらなかったので
実はあまり思い出とかなかったり(w
ただうざかったのは覚えてますが(苦笑

・曹彰
おそらく魏勢で一番引いたカード(w
また曹彰だよ

・UC張コウ
大好き攻城兵(w
でも正直使えませんでした・・・
攻城兵は呉の甘寧様に限ります(w

・陳羣
白銀の獅子がぁ・・・OTL

・程イク
初期は嫌いでしたが、
後期(反計範囲が狭くなってから)は
相手の上手さがいやらしさを決めるカードになったので
あまり嫌いではありません
反計されたら素直に上手いと思えますからねぇ(苦笑
(程イクを前線に上げるのはいろいろ難しいと思います)

・SR関羽
V1.10の頃に鬼を見ました(TT)怖いよう

・SR徐庶
実は新SRはこれしか持ってません(w
一度お婿に出したのにSR曹操を連れて帰ってきたという話もあり(w
(SR徐庶→SR関羽→SR徐庶+SR曹操)
そうしたら最後は最もレートの高いカードになったとさ(w
なんか愛着湧いたので売るつもりもトレードするつもりも特にありません
使わないけど好きなカードになってきたっぽいです


最後に・・・
魏はほとんど自分では使いませんでしたねぇ
でも使ってる人が多かったので、やられた記憶が多いです(苦笑
最初から最後までバランスの取れてる軍勢だったと思います
posted by ハゴタン at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月19日

第1回 :::【三国志大戦】君主殿に35.94の質問 :::

さて、唐突に作ったカテゴリ「100の質問系へ回答」です
これからちょこちょこと「**に100の質問」を答えていくことで
よりハゴタンがどんな奴か知ってもらえればと思っています(w

というわけで記念すべき第1回は現在ハゴタンの財布圧迫担当「三国志大戦」関係でいきます

質問提供元は「:::【三国志大戦】君主殿に35.94の質問 :::」です
何種類かある中でこの質問を選んだ理由は
三国志大戦君主の誰もが世話になる「あの軍師」からのインタビュー形式だからです(^^)
やー、あの軍師さん好きです、ええ(w
飛春華さん、素敵な質問をありがとうございます。

長くなるので読みたい方は右の「ハゴタンの回答を見る」からどうぞハゴタンの回答を見る
posted by ハゴタン at 00:53| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月27日

クイズマジックアカデミー2

<クイズマジックアカデミー2>に関する攻略系の話

はい、今回から始まりました「攻略メモ」コーナー
第1回は「クイズマジックアカデミー2」です
アーケードで好評稼動中(2005年3月27日現在)のクイズゲームです。
(いつもの日記も書いてますのでそちらも読んでくださいね)

公式サイト

読むと役立つ便利サイト
クイズマジックアカデミー2トクシュウペ−ジ
クイズマジックアカデミー2備忘録

いろんな情報は上記3サイトで事足りると思います
しかもクイズなので攻略といえるものはあまりありません
ですのでここでは「クイズ」という観点から
さっぱりわからない問題が出た時にどうするか
をクイズ形式ごとに書いていこうと思います
迷ったときに以下の知識を使ってみてください

「○×クイズ」
この形式でまったくわからなかった場合は
「意外性のある方を選ぶ」ことです
「そうだったら面白い」「ありえないと思う」「嘘だよね?」
といった感じですね
これは昔アメリカ横断ウルトラクイズの本を読んだときに書いてありました(w
(ハワイの泥んこクイズのあたりですね)
「普通ならそうだろうという答えならばクイズにする必要がないから」
とのことです
まあもちろんそれを見越して問題を作ってる場合もありますけどね
「シロアリはアリではない」あたりは良い例だと思います
(答えは有名すぎますけどね 答え:○)

「四択」
「連想」
全ての四択や連想で使えるわけではないですが
「4つの答えにヒントがある」ことがあります
たとえば・・・
 Q:「ハゴタンの友人として実在するのは?」
 1:○山 ○郎
 2:×川 ×郎
 3:△川 ○郎
 4:○山 △郎
というときは「○山 ○郎」である確立が高いと思われます
どういうことか説明すると
・「○山」という苗字が2回出ている
・「○郎」という名前が2回出ている
という2つの理由からです
「なんとか○郎だったはず」or「○山なんとかだったような」といった
うろ覚えの人が悩むような問題を作ろうとするとこういう形になりやすいようです
ほかには「似たような社名」とか「似たような地名」も
このパターンで正解を読める場合があります

「タイピング」
こればかりは無理です(苦笑
いっそメッセージでも打ち込んで笑いや同情を取りに行きましょう(苦笑
例:もうゆるして、わからーん、めそ

「四文字言葉」
とりあえず画面下に表示されている文字を見て
4文字で単語になる組み合わせを見つけてください
ボキャブラリー勝負です
注意点はちゃんと4文字見つけてから打つこと
たとえば「ガンダム」と入れようとしてよく見ると「ム」が無いというときがありますから・・・
どうせわからない問題ならばせめて納得のいく入力はしましょう(w

「並べ替え」
これも画面下の文字だけ見て解くボキャブラリー勝負なのですが
四文字言葉より若干楽です
とにかく単語になるように並べ替えちゃってください

「キューブ」
「エフェクト」
答えが画面に出ているのですからがんばって読んでください(w
タイピングの腕を上げておくといいと思います

「順番当て」
タイピングの次にわからないときに対応しづらい形式ですね
今回は「さっぱりわからない」時を前提にしてるので結局
「勘でやる」に落ち着く形式です(苦笑
しかしここで朗報が!
本来確率的には正解の確立は1/24ですが・・・
どうやら実際は1/12らしいです→クイズマジックアカデミー2備忘録参照
とりあえず12通り覚えちゃいましょう(w
(ちなみにハゴタンはまだ覚えてません)
余談ですが同ページには順番当てについてコラムがありますのでそちらも読むと役立ちますよ

こんな感じですかね?
あまり役立たないかもしれないけど
まあこんな感じでプレイしてる人もいるってことで(苦笑
それでは

PS:○×クイズの所は役に立ったよね?(苦笑
posted by ハゴタン at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月14日

携帯ゲーム機用ソフトに必要なシステムは?

コラム第一回は「携帯ゲーム機用ソフトに必要なシステムは?」です。

ハゴタンはゲームばっかりやってますけど、ちゃんと会社員してたりするわけです。
そしてハゴタンはゲームが無いと死んぢゃいます(多分)。
となると携帯ゲーム機というのは非常に便利なツールなわけです。
ここ2年くらいは任天堂のゲームボーイアドバンスSP(以下GBA)を毎日持ち歩いてます。
最近ニンテンドーDSを買ったのですが、今でもGBAが可愛くて可愛くて仕方ないです。
まぁハードに関してはまた別の機会に語るとして・・・
今回はソフトの方について思うところを語ります。

ハゴタンはGBAを持ち歩くようになってから真の意味で
「携帯ゲームを携帯」するようになったと言っても間違いないと思います。
(それまでは外に持ち歩くことは稀で、ほとんどは家で遊んでました。)
この「携帯ゲームを携帯」している間にいろんなゲームをやってきましたが、
セーブが自由に出来ないゲームは非常に遊び辛かったです。
特定のセーブポイントでしかセーブできないシステムのゲームだと、
電車の中でプレイし、乗り換え駅や目的地についた時などに
電源を切って鞄にしまって歩こうと思ってもゲームがやめられないわけです。
あるゲームでは電車で30分プレイしてもダンジョンをクリアできず、
泣きながらあきらめたことがあります。

(流石にダンジョン自体からは脱出してセーブポイントでセーブしましたが)
結局そのゲームは電車の中でプレイが難しいと判断し、
家でゲームボーイプレイヤーでプレイしてクリアしました。
これっておかしくないですか?
だって「携帯ゲーム機用ソフト」ですよ?
家でしかできない(又は外でプレイするのが難しい)なら
「それは携帯ゲーム機で出す必要は無いのでは?」
と思うわけですよ。
だから携帯ゲーム機用で、それなりに時間のかかるゲーム(=セーブの必要なゲーム)は
なんらかの形でいつでも中断できるべきだと思います。
中にはスリープ機能をつけているゲームもありますが
この場合は微量とは言え電力を消費しているので、
せいぜい「電話の間だけプレイをやめる」「テレビをみるためプレイをやめる」
的な使い方が限界で、「会社に行く電車でプレイして、会社帰りの電車でプレイする」
といった次のプレイまでに間があく場合には使いづらいと思います。
だって「続きをやろうとしたら電源が切れていた」ってこともありえますからね。

でも、だからと言ってどんな場面でもセーブできるようにしてしまうと
ゲームによってはバランスを崩してしまったり、
面白さや緊張感が無くなる可能性もあるかと思います。
極端な例えですが、例えば中ボス(絶対に倒さないといけない敵)が一切いないRPGで、
どんな場面でもセーブができるとしたら・・・
「一歩歩いてセーブして、敵が出たらやり直す」を繰り返せば
一切戦わずに最後のボスまでたどり着けちゃいます(w
(まぁ流石にそれでは最後のボスには勝てないでしょうけど・・・)
今のは極端な例ですが、これってきっと製作者の意図とは違う結果ですよね?

ということでハゴタンがおすすめするのは
「前向きなセーブ」である「中断データセーブ」システムの実装です。
(この「前向きなセーブ」というのはハゴタンの考えた表現です。)
中断データは普通のセーブデータと違い、
ゲームを再開すると消えてしまいます。
このシステムを実装した場合どうなるかというと、例えばRPGで・・・
 1:どこかのセーブポイントで「普通のセーブ」を行う
 2:ゲーム途中(例えばダンジョン)で「中断データセーブ」を行い、ゲームを中断する。
としたときに、ゲームを再開すれば2の状態から再開できるのですが、
なにか嫌なことがあって(例えば大事なアイテムを敵に盗まれた)リセットしたら
中断データはすでに消えているので1の状態からやり直すことになります。
どうでしょうか?
この中断データセーブシステムは、どこでもセーブとは違い、
自分の都合の良い世界を作るために利用はできません。
あくまでほんの少しでも、1分あれば1分だけでもゲームを進めることができるシステムです。
(このように後ろ向きな使い方は出来ず、あくまで前向きな使い方しか出来ないので
「前向きなセーブ」と表現しました。)

結論としては・・・
携帯ゲーム機用ソフトでは、どこでも中断できる(=電源を切れる)ようにするべきであり、
どこでもセーブできるように出来ないゲームの場合は、
中断データセーブシステムを実装するべきである。

ということになります。
中断データセーブシステムならば、据え置きゲーム機で発売されたゲームを移植した場合にも
ゲーム性が変わることなく、それでいてすこしずつプレイすることができるようになるはずです。
今後の携帯ゲーム機用ソフトではそうなっていることを祈っています。

万が一、いや億が一でゲーム業界の人が閲覧者にいたら是非ゲーム作成のときに思い出して欲しいです。
たいしたことは言ってませんけど、こういう考えを持ってる人もいるということで・・・
ゲーム業界の人でなくても知り合いにそういう人がいる人は
「こんなこと書いてた人いたよ」くらいで伝えてくれると嬉しいかもです。

それでは最後に、
「セーブポイントは決まっていたけど、
中断データセーブシステムを採用してたので快適にプレイできたソフト」と
「セーブポイントが固定で、かつ中断データセーブシステムなしなため、
開発者に蹴りを入れたくなったソフト」例を書いて終わりにします(w

会社員でも快適にプレイできたGBAソフト達(順不同)
「シャイニング・フォース」(セガ)
「なりきりダンジョン2」(ナムコ)
「なりきりダンジョン3」(ナムコ)
「ミスタードリラーA」(ナムコ)←アクション系なのにすごい!

会社員が苦しんだ、「開発者一歩前に出ろ!」なGBAソフト達(実名はやめときます(w))
「SFCからの移植RPG”T”」(カタカナ三文字の会社)
「SFCからの移植RPG”M”」(漢字三文字の会社)
「某名作A・RPGの最新作”Z”」(漢字三文字の会社)
(移植の場合はハードにあった移植をお願いしますm(__)m)

PS:
上手でない文章にお付き合いありがとうございました。
次回は少しでもレベルアップした文章を書ければと思っています。
posted by ハゴタン at 01:23| Comment(2) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする