2012年09月30日

[ロボノ]反省会その2(w

9月29日(土)の日記

大分回復してきたハゴタンです(苦笑

本日のゲーム:ロボティクスノーツ

さて、反省会第2回は「ストーリー」について・・・
今日はネタバレと言える内容は無いと思いますのでそのまま書きます。

で、一言で言うと「月並みな展開」でした。
展開も読みやすく、ほぼ予想通りの展開で予想ができてしまい、
それが退屈になってしまう要因でした。
流石に詳細までは予想通りではなかったですが(w
展開的に予想できなかったとすれば、それは最終章の辺りですね。
ただ予想できなかった分、所謂「超展開」で苦笑してしまった部分もあります。

これは題材がロボットで、主役(達)が「凄い能力」や「凄いなにか(←物の事)」を
持ってないことが原因でしょう。
カオヘならば題材が「妄想」で主役能力が「超妄想力(w)(=超能力)」、
シュタゲならば題材が「タイムマシーン」で主役保有物が「タイムマシーン」、
と展開が読みづらかったんですよね。
それ故に常にドキドキできたわけです。
なんというかテレビの料理番組で、
「これからこの材料を使ってアッと驚く料理を作ります!」
と言えばワクワクドキドキしながらCMも我慢して続きを見たくなりませんか?
これがカオヘ・シュタゲです。
しかし残念ながらロボノは
「これからこの材料でカレーを作ります」
と言ってしまったのでハゴタンは
材料切ってるシーンで「とばせよ!」と思い、
CMに入ったら「消しちゃおうかなぁ・・・」なんて思ってしまうのです。

できれば次作は良い意味で展開がわかりづらい話になる事を希望します。

でわでわ
posted by ハゴタン at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム系日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック