2010年08月01日

[シュタゲ]感想その1

7月31日(土)の日記

明日は姪っ子のオトモアイルーですたらーっ(汗)
暑さで死ぬやもしれません・・・
月曜休みたいなぁ・・・
でも仕事上無理してでもいかんとやばいですふらふら

それはさておき・・・
そろそろシュタゲ終了後の感想を書いていこうと思います。
どうしてもネタバレになるので、「続きを読む」で隠します。

まずはほとんどの人が最初に見そうな「鈴羽END」。

ここを読んでいる方は基本的にENDを知っているという前提で書きますので
細かくは書きませんが、一行で書くと、
「未来を変えることに失敗するかもしれないけど、一緒に来てくれない?」
と女の子に言われるEND

ですね(w

しかしこのEND、後日談や、
そういったものを想像させるテキストがないので、
ものすごい投げっぱなしに感じましたね・・・
(それが狙いなんでしょうけど)

いったいオカリンと鈴羽はどうなったんでしょう?
オカリンが一緒に行かなかった場合のように
「鈴羽は悲しみのあまり自殺」
という流れには行かないような気がしますが、
結局、現代でまゆりは死んでしまいそうな気がします。
それでもオカリンと鈴羽が幸せなら良いのですが・・・
現代(今の時間)に50代のオカリンたちがいて、
まゆりの死を知れば悲しむのではないかと思うんですよね。
なんというか「悲しさを予感させる」ENDでした。

後、鈴羽もオカリンも互いに好意を持っている気もあまりしない
(そういう描写が無かった気がする)ので、
なんというかラブラブな想像もしがたいのもマイナスでした。
鈴羽が良いキャラしていただけに惜しいENDですねたらーっ(汗)

鈴羽ENDは全END(6つ)中4位って所ですかね?

次回は順当に「フェイリス」ENDを書く予定です。
でわでわ
posted by ハゴタン at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム系日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック