2009年11月17日

たまにはマンガに突っ込んでみよう

11月16日(月)の日記

なんか首筋がおかしくて、
頭痛と倦怠感のあるハゴタンですふらふら
風邪?たらーっ(汗)

さて、ハゴタンは週刊少年ジャンプを毎週買っています。
たまにはマンガの感想というか、突っ込んでみようかと(w

ジャンプで「めだかボックス」というマンガが連載されています。
この前1巻が発売されて、数日間、謎の価格高騰が起き、
それがそういった所のニュースに載ったので、
知っている方も多いと思います。
このマンガ、物凄く大雑把な説明をすると、
「とってもすごい人たちの高校生活」となります。
で、今週、とても高いところ(柵のない屋上を想像してください)
で横に蹴り飛ばされ、
下に落ちていったように見えたキャラがいました。
その後「落ちたかと思ったら、壁に立っていた!」
という演出がされたのですが・・・
どうやらそのキャラ曰く(以下意訳)
「壁に張り付いているのは足の凄い握力、
立っているように見えるのは凄い腹筋の力」
だそうです。
いや、マンガですし、説明してくれたので、
この件は500万歩譲ってOKなんですが・・・

突っ込み1
「横に吹っ飛ばされていった」はずなのに、何故壁に立てるのか?
簡単に言えば「どうやって空中制御した」のかがわかんないですよ。
せっかくだから説明ほしかったなぁ・・・

突っ込み2
「足の握力で壁を掴んでいる」って言っているのですが、
少なくとも見た目では皮靴履いてるんですよね・・・
革靴を履いたまま、足の握力を壁に伝えることって出来るんですかね?

こんなことを考えたら電車の中で笑ってしまいそうになりました。
野暮っちゃ野暮なんですが、
「壁に立っている理由」を説明したのだから、
ハゴタンのツッコミへの説明も欲しかったんですよ。
逆に「壁に立っている理由」が無ければそれでも良かったんです。
要は「中途半端な説明」がいけないんだと思います。

そんだけです。

でわでわ
posted by ハゴタン at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック